紫外線によって色焼けが起きる肌の仕組み

2016年11月8日

長い期間、UVを受けると日焼けするのは、多くの方が分かっているんです。日焼けする要因となる太陽光というのは、一体どういう物なのか。

太陽光は、太陽光線の1種で、種類をA波紫外線・B波・C波と3つに類別する事ができます。硝子みたいな透き通った物では、紫外線a波自体をさえぎることはできず、肌へと届きます。ガラスを挟んで陽光を受けてた場合や、車で外出を行うときにも、UVA波は受けるため陽焼けするのです。

いっぽう、紫外線B波というものはオゾン層で防げるので、くもりの日は、雨の日は減るのです。天気により照射している量が変わる紫外線光量とは、此の紫外線B波なんです。

太陽光c波が日に焼けてしまう事に関わることはないんです。なぜかというと、UVC波は雲を通り抜けたりしないためです。

A波というものは、ガラスを通ることが可能なため、お肌の奥にある真皮層に通るのですが、有毒度合で言うならB波程じゃないと言われてます。

お肌の日焼けしちゃうことを考えるとしたら、部屋でも紫外線光をあびる為、常時対策と考える必要性のある太陽光なんです。肌色が黒っぽくなる事だけは、陽焼けの働きではじゃないのです。シミやくすみが多くなるし、肌のたるみや肌老化の元凶にもなるものです。

UVで色焼けをするというのは、皮膚を防止するのにメラニンを増加する、いうなれば防衛策なのです。黒く焼けた皮膚は元気な印象を相手に与えますが、肌年齢の視点で考えると皮ふにとって良い事ではない訳で、日焼け対処法がポイントなんです。

No Comments

Comments are closed.