UVが原因で陽焼けしてしまう肌の仕組み

2016年11月13日

長く、UVをあびていると日焼けする事は、おおよその人が知ってます。日焼けの元である紫外線光というのは、一体どういった物なのでしょうか。

紫外線光とは、太陽の光の1種で、タイプをA波紫外線・B波紫外線・C波と大きく3つに選別する事ができます。ガラス窓みたいな透明な物体では、紫外線光A波自体を遮断することはむずかしく、皮膚へ達しています。ガラス窓越しに太陽光線を受けてたときや、車で外出をする際も、紫外線光a波というものは届いてしまう為日焼けするんです。

いっぽう、UVB波というのはオゾン層で防げるから、曇りの日は、雨が降っている日少なくなります。天気によって照射している量が変わっているUV量とは、このUVB波なんです。

UVC波が日に焼けてしまうことに関わりはありません。その訳は、UVc波は雲を抜けない為なんです。

A波というものは、窓ガラスを通る事が出来るので、肌の奥の真皮へと到達しますが、有毒性でいうならb波程度じゃないと言います。

肌の日焼けの事を考えたら、部屋でUVをうける為、常時対策法をとる必要性のあるUVなんです。肌色が黒っぽくなってしまう事だけは、色焼けの働きではじゃありません。シミやくすみが増えてしまうし、肌のたるみや肌の老化元凶にもなるものなんです。

UVでサンタンをしちゃうのは、お肌をガードするためにメラニン色素を増加する、いうなれば防衛策です。黒く焼けてしまった皮膚は健康な印象を人に与えるのですが、スキンケアの点で考えていると皮膚にとってはいいことととは言えない為、日焼け対処法が重要なのです。

No Comments

Comments are closed.